ton201309京都では、学生を「息の長い観光客」などといっていた。
学生を大事にするというより、観光客を大事にすると行ったほうが、
正確な表現になるだろう。
その学生だけを相手にした、間貸しや食堂などの商売もけっこう存在していた。